新着記事

パートタイム労働法がまた改正された。 ポイントとしては、 1.有期労働契約のパートも職務内容等が同じであれば、正社員と差別禁止となった。  ▲従来の正社員と差別禁止は、職務内容等が同一の無期雇用パートが対象。 2.パート雇い入れ時の雇用管理措置の説明義務化 ...

会社には65歳までの雇用義務が必ずしもあるわけではない。 厚生労働省のQ&Aでも、 高年齢者雇用安定法9条について、 高年齢者雇用安定法は、事業主に定年の引上げ、継続雇用制度の導入等の 高年齢者雇用確保措置を講じることを義務付けているものであり、 個別の労働者...

無期雇用転換社員(労働契約法18条)対応の労務管理のポイントについて 1.無期転換社員の労働条件は「別段の定めがない限り」、 有期契約時の労働条件と同一のものとなる。 例えば、有期労働契約では、定年制がないのが通常であるから、 無転換社員は、定年制がないこ...

就業規則と労働契約で労働条件が違う場合、 労働者にとって、労働条件が上回る部分が優先されて、労働契約の内容となる。 法令違反や労働協約違反のものは論外となるが、 ・合理的な内容で、かつ周知されている就業規則の内容は労働契約となる。↓ ・就業規則の労働条件を下...

労働契約法改正により、第20条では、有期契約者と無期契約者で 職務内容、責任の程度、配置変更等を考慮して、不合理な労働条件の相違を禁止としている。 とりわけ、通勤手当、食堂の利用、安全管理等については、 特段の理由がない限り合理的とは認められないとしている。 ...

定年再雇用の際の賃金減額は、問題ないか? 同一労働同一業務で、54.6%に減額されたケースでも 公序良俗違反にはならないとされた。(X運輸事件 大阪高裁 H22.9.14) ▼理由としては、 1.60歳以降は嘱託となるので、60歳以前の正社員とは雇用形態が異なる。 2...

育児休業給付(休業開始前賃金の50%を支給)について、 1歳未満の子を養育するために育児休業を取得する場合、 休業開始後6ヵ月について、 休業開始前の賃金に対する給付割合を67%に引き上げる。 (平成26年4月1日施行) 東社労士事務所ホーム メンタルヘルス対応労務...

■判決 会社には、必ずしも労働者からの申告がなくとも業務を軽減する等の安全配慮義務があり、 東京高裁の過失相殺による安全配慮義務違反による損害賠償の2割減額を違法とし、 差し戻した。 ■事件概要 長時間労働等でうつ病に罹患し、3年の休職期間満了後、解雇され...

※平成26年4月30日以降に産前産後休業が終了となる被保険者が対象。 ■概要とポイント 1.産前産後休業期間中の社会保険料(健康保険・厚生年金保険)は、 事業主の申出により、被保険者分及び事業主分とも徴収しない。 2.この申出は、産前産後休業をしている間に行わな...

うつ病などメンタルヘルス不調で会社を休職した社員の42・3%が、 休職制度の利用中や職場復帰後に退職しているとの調査結果を労働政策研究機構がまとめた。 (2012年11月に調査実施、5904社が回答) 休職できる期間が短く治療が十分でないことや、 復職後の支援...

人気記事ランキング

  1. 労働者派遣法改正、無期雇用転換