【働き方改革】タグに関する記事一覧

«Prev1Next»

厚生労働省は、年次有給休暇の取得促進のための特設サイトを設けています。 2019(平成31)年4月1日から施行される「年次有給休暇の時季指定義務(5日以上の確実な取得)」の内容も記載されています。 詳しくは、こちらをご覧ください。 <年次有給休暇取得促進特設サイ...

厚生労働省のサイト、「働き方改革特設サイト(支援のご案内)」では、働き方改革関連による主要な改正事項の説明のほか、「無料相談窓口(働き方改革推進支援センター)」の案内(全国各地の相談窓口の連絡先などの案内)がされています。 また、「助成金・関連資料ダウン...

厚生労働省から、「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」および「年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説」が公表されています   時間外労働の上限規制は、大企業では2019(平成31)年4月から、中小企業では2020(平成32)年4月から導入されます。 年5...

厚生労働省のホームページにおいて、『「働き方改革」の実現に向けた事業主の皆様への支援』として、「36協定届等作成支援ツール(現行法令に対応したもの)」、「働き方休み方改善ポータルサイト」、「確かめよう労働条件」、「最低賃金(賃金引上げに向けた生産性向上を支援...

働き方改革関連法に関して、厚生労働省のホームページで、その政省令等が紹介されています。 あわせて、省令の改正により新設・改正された各種様式(「清算期間が1箇月を超えるフレックスタイム制に関する協定届」、「時間外労働・休日労働に関する協定届(いわゆる36協定)」...

働き方改革関連法による労働基準法の改正により、36協定で定める時間外労働について、罰則付きの上限が設けられ、2019 (平成31)年4月から施行されます(中小企業への適用は1年遅れ)。  この改正の一環として、厚生労働省では、時間外労働及び休日労働を適正なものとするこ...

働き方改革関連法による労働基準法の改正により、年次有給休暇について、時季指定義務制度が設けられ、2019 (平成31)年4月から施行されます。 【確認】時季指定義務 すべての企業におい て、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇の日数のう...

厚生労働省から、「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針」が公表されています。  この指針は、働き方改革関連法による改正後の労働安全衛生法に基づき策定されたもので、2019(平成31)年4月1日から適用されます。  ...

 働き方改革関連法の成立を受けて、法律の概要を紹介するリーフレットが、厚生労働省から公表されています。  詳しくは、下記をご覧ください。  <働き方改革関連法のリーフレット等(法律の概要) ・簡易版 https://www.mhlw.go.jp/content/000335764.pdf ・詳細...

«Prev1Next»