2007年 3月の記事一覧

«Prev1Next»
07年03月25日 23時22分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

金曜日の話の続きになります。

逓増定期が全額損金算入できなくなるかも、という情報が入ったので、
気になって、加入していると思われるクライアント数社に電話でお伝え
しました。(余計なお世話かもしれませんが・・・)

そして驚愕の事実が!

全員「えっ!そんな話聞いてないよ!」という反応。

ひど過ぎます!

どのように対応するか決まっていないからかもしれませんが、
顧客に不利益になるかもしれないのですから、私であれば
経緯だけでも知らせますが・・・

イザという時に何をしてくれるか。
これが一番大事だと思います。

逓増定期の問題では、担当者が本当に顧客のことを考えているか、
見極めるいいチャンスかもしれませんね。


ちなみに、このことをあるベテラン生保営業マンに伝えましたら、
「本当に顧客のことを考えているのなら、逓増定期は勧めないよ」
と言っていました。

なるほど・・・・


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月24日 00時34分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

事務所を新潟市に移転するにあたり大きな懸案がありました。

それは新発田市に所在地のある顧問先に迷惑がかからないか?
ということ。

常に顧問先を訪問して業務を行っていましたので、何ら変わる
ことはないはずです。

ただ、なんらかの不安や不満をお持ちにならないか、若干不安
な想いがありました。


でも、実際にお話してみると何の問題もなく、暖かい励ましの
お言葉を頂きました。

皆さま、ありがとうございました。


私は顧客に恵まれている人間だと思っています。
そのような皆さまの期待に沿えるよう、より一層頑張ろうと思っています。


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月23日 23時17分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

以前から噂されていましたが、逓増定期保険の税務取扱いが
遂に変更か?というニュースが流れています。

主に税理士様のブログで発信されていますが、税務当局が
逓増定期保険の税務取扱いの見直しを検討している
という
通知が生命保険協会にあったようです。


逓増定期保険と言えば、税の繰り延べとして多くの企業で
使われてきました。全額損金に算入できて、解約返戻金が
ピーク時には85〜95%程度戻ることが多いからです。


今回税務取扱いが変わるとしたら、全額損金算入できなくなる
ということでしょうか。もちろん、これは噂に過ぎませんが。

ただ、全額損金算入を前提として加入している企業が多いので、
もし全額損金算入できなくなるとしたら、大混乱を生じるので
はないでしょうか。

また、保険会社や代理店は逓増定期で大きな利益を稼いでいると
聞きます。そうなると、ビジネスモデルに大きな変化が生じる
可能性もはらんでいます。


いずれにせよ、大変なことになりそうな予感がします。


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月22日 23時29分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

事務所の移転について概要がほぼ固まりました。

  
  所在地:新潟市中央区4-1-1 伏見ビル2 2F
  TEL:025-246−1270
  FAX:020-4664―9581(D−FAX)

簡単に言いますと、新潟駅から歩いて5〜8分程度の
場所で、いわゆる「笹出線」沿いにあります。


そして、4月9日より新事務所での営業を開始します。

また、懸案だった事務所名も決定。

  新潟中央 社労士事務所


どうしてこのような名前になったのか?

新潟市中央区にあるからです(笑)


相変らず、つまらない名前ですね。
変えた意味があるのか!と言われそうですね(笑)

どうやら、ネーミングについての才能は皆無のようで。
仕事の中身で勝負します!


もちろん、移転して名前を変えただけでは意味がありません。

サービスの充実、業務の拡充を図っていきたいと考えています
ので、皆さまには楽しみにして頂きたいと思います。


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月21日 23時52分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

土曜日の話の続きです。

先日の話に疑問を持ちつつも、保険の設計書に嘘があるわけではありませんので、
こちらから幾つか指定した収入保険の設計書をもらいました。

ただ、1社だけアリコだけは設計書を出してくれません。
その理由を聞くと、パンフレット通りの設計しかできないので、パンフレットを
見て下さいとのこと。念の為本社に聞いたが同じ返答ということでした。

確かに幾つかの選択肢はありましたので、間違っていると確信できたわけでは
ありません。

ただ、先日のことがありましたので、アリコの方に電話で問合せてみました。
そうしたら「そんなことはありません」という返答。

また、やられました!
自分達のやりたい設計しかしないということでしょうか?

ただ、先方にも言い分はあると思います。
二十数社もある取扱い保険会社の商品について全て把握するのは無理でしょう。

でも、本社までパンフ通りと言い切ったのはおかしいですね。
常識ある方であれば調べるでしょう。

それとも、間違った知識を完全に信じこんでいるのでしょうか。
それはそれで問題ですね。

いずれにせよ、多くの生命保険会社を扱える保険代理店といっても、
多数の保険商品を比べられるとは限らないということが、よくわかり
ました。

もちろん、全ての代理店さまを否定するわけではありません。
顧客の立場にたってアドバイスをする方も沢山いらっしゃいます。

そのような方からすれば、今回紹介したような代理店のことを
聞けば、さぞ腹を立てるでしょうね。



 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月18日 23時49分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

事務所の移転先が「新潟市米山」に決定しました。
新潟駅から歩いて5〜7分程度の場所です。
駐車場もありますので、便利です。

今までは移動距離が長かったため、クライアントとお会いできる時間帯に
限りがありましたが、今後は大分改善されると思います。

直接事務所に来られる場合も便利になったと思います。

ただ、移転するだけでなく業務内容も大幅に見直し、皆さまによりよい
サービスを提供するようにするつもりです。

移転の時期ですが、4月の第2週の予定です。
正確な所在地とともに、決まりましたらお知らせするつもりです。

もう1つ大事なことが。
事務所名も変えます!
でも決まっていません。

候補は沢山あるのですが、なかなか決まりません。

よく公募というのがありますが、その気持ちが少しわかった気が・・・


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月17日 23時04分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

ある保険代理店に問合せをしました。

ここのHPは、多数の生保商品から最適のモノを紹介することを売りにしています。
しかし、「収入保障保険について聞きたいんですが・・・」と聞いたら、「どのような保険のことですか?生保ですか、損保ですか?」という返答。

えっ!知らないんですか?

保険商品について知らないのにどうやって比較するんでしょうか?

そして、近くの店舗を紹介してもらい、訪問してみました。

そこでは、あらためて収入保障保険について説明を受けました。
しかし、別の問題が生じました。

1つの生命保険会社しか紹介してくれません。
「どこも、大きな違いがありません、この会社で問題ないと思います。」

比較するために、敢えて複数の生保を扱える店舗に行ったのに!
これでは意味がありません。

そして、強く言ったら、渋々他の商品を紹介されました。
そして、ほとんど同じ補償で更に保険料が安くなることが判明。

呆れて言葉が見つかりません。

多くの商品を扱うことができても、違いをキチンと説明できるスキルや顧客に合わせてコンサルティングを行う姿勢がなければ意味がないと思います。

皆さんも注意しましょう!


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月11日 23時22分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

ある人から聞いたのですが、クライアントが我々専門家との契約を解除する
一番の理由は「相性」だということです。

つまり、話がスムーズに運べる、自分の言う事をきちんと聞いてくれている、
嫌な気分をしなくても済む、このような点で不満を感じると契約解除を考え
るようですね。

これは意外でした。
必ずしも知識や技能が重要というわけではないんですね。

相性ですから、必ずしも気を付けてどうなるというわけでもありませんが、
私は少なくとも相手の考え方は尊重するようにしています。

私の中にある知識を活用し、どのようにして相手の要望に応えるかという
知恵を生み出すよう努力しています。

これからも、皆さんの期待に沿えるよう、努力しようと思っています。


余談ですが、最初に専門家を選ぶときどうするか。
一番多いのは紹介だとか。

これは「相性」とは関係ないですね。
それに、紹介だと無下に断ることもできないからやっかいです。

もしかしたら、一番良くない選び方をしているのかも・・・


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月07日 23時33分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

今日は新たに「地域創業助成金」の申請代行業務を受託。
受託先は対象経費が多く、また、雇い入れに関する助成金の額も多くなりそうですので
慎重に進めたいと思っています。

この助成金の取扱いは今年に入って既に3件目。
今年の主力業務になるのか?とも思っていました。

しかし、前にもお伝えした通り地域創業助成金は今年で終了します。
申請期間も限られており、今年前半である程度収束しそうです。

使い勝手が良かっただけに非常に残念です。


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月05日 23時36分00秒
Posted by: niigata

こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

今日、クライアントより「地域貢献事業計画認定通知書」が届いたという
連絡がありました。

これは地域創業助成金を受給するために必要な「地域貢献事業」としての
認定を受けた通知です。

これで助成金を受給申請書を出す「権利」を得たということになります。

しかし、これから大変な作業が待っています。
地域創業助成金の支給申請には22種類の申請書類と膨大な添付書類が
必要になります。
この準備は我々専門家でも大変です。

本当であれば、ここまでしなくてもよいはずです。
しかし、助成金の不正受給は後を絶たず、その度に受給決定の基準が
高くなり、申請書類が増えていきます。

一部の方々の問題行動のために、大多数の普通に申請する人が大変な
作業を抱えることになる。

何ともやりきれないですね。


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月04日 23時53分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

事務所近くの郵便局からサービス内容変更のチラシが入りました。

土日に郵便物受け渡しや切手・ハガキ類の販売をする「ゆうゆう窓口」を
民営化に伴い閉鎖するという告知です。

経営合理化の一貫ということのようです。

この合理化策により近隣の住民は困るでしょうか。
私は、ほとんど問題ないと思います。

郵便物については、連絡がもらえれば土日でも再配達するということですし、
切手・ハガキ類は売っている店が他にもあります。

むしろ、何故今まで放置していたんだろうと思いました。

民営化により、「やらざるを得ない状況」に追い込まれてはじめて本気で
考えたということではないでしょうか。

高い壁や障害が立ちはだかることをしようと思ったとき、大事なのは
まず、「必ずやると決める」ことではないでしょうか。

障害を考えたらキリがありません。
そして、できるかできないか迷い続けで何もできなくなります。

まず決める、そしてその手法を考える。
これが大事です。



 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月03日 23時32分00秒
Posted by: niigata

こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

電話番号を公開しているからでしょうか?
様々な売込みの電話がかかってきます。

一番多いのは業務ソフトやマーケティング支援の会社。
あと融資に関する電話も多いですね。

今週も士業の業務を支援しているらしい?会社よりサービス案内の
電話がありました。

この手の電話に共通すること、それは

前置きが長い!

要点を絞って説明する、これは忙しい人間に対する営業の基本です。
私であれば経営者様に初めて説明するときは、要点を絞って説明します。

もちろん、興味を示されたり説明を求められたりするが、更に細かく
説明しますが。

話を戻しますが、こちらは忙しいのに無下に断ったりせずに聞いている
のですから、一応気を使って欲しいものです。


そう言えば、もう1つ共通することがありました。
どれ位時間取りますか?と聞くと必ず「1〜2分です」と言います。

そして、前置きばかりで「絶対に1〜2分で終わりません!」

このような売込みはお断りですね。


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
07年03月01日 23時21分00秒
Posted by: niigata
こんばんは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。

偽装請負業者に指導、06年度は急増1403件

このような報道ありました。

偽装請負は明らかに違法ですが、未だにグレーゾーンと考えている人が
結構多いようです。

そのようにお話しすると「みんなやっているじゃないか、当たり前だろ」
このような返答も少なくないのが現状です。

ただ、ご存知の通り偽装請負に対する包囲網はせばめられています。
もはや偽装請負は会社にとってリスクでしかありません。

いきなり摘発されて右往左往することのないよう、今から適法な体制に
移行することを是非とも考えて頂きたいと思います。


 ランキングTOP10の常連ブログ→  社会保険労務士「越後の虎」が斬る
«Prev1Next»