「エニアグラムコーチング」をご存じでしょうか?

(1)エニアグラム
人間の本質は、生まれながらにして9つのタイプに分けられるという考えに
基づいている。タイプは人間の性格、個性、行動、価値観、生き方に大きな
関係があることが科学的に説明されている。またタイプは3つの脳内化学物質、
ノルエピネフリン、セロトニン、ドーパミンの活性の高低によって決定している
とされる心理学の一分野である。

外部からの刺激にどのように自分が一定のパターンで反応するかを知ることが、
自己を理解する、ということになる。さらに他者理解した上で、他者とのコミュ
ニケーションをどう取るか、を学習していく。

「自己改善」に効果があり、「人間力を高めること」に役立つ。
組織を率いるリーダーに効果があるが、そればかりではなく親子関係の改善、
教師の能力としてもEUでも活用されている。

(2)コーチング
人間力のうち、コミュニケーションスキルの一手段で「聴く、質問する」を主要
技術として、スキルは100以上ある。相手(クライアント)が目標を達成する
際に必要なスキルや知識を特定し、それが身につき、目標を達成するまで質問したり、
具体化するなど戦略的な会話を中心に継続的に関わり続けること。

詳細は、
株式会社エニアグラムコーチング
http://www.enneacoach.com/


自己理解と自己改善、他者理解をしたうえで、相手(クライアント)の目標を
達成するために、コミュニケーションを取り続ける。
ということは、お互いが成長できるものであると考えます。⇒井上解釈

以前からコーチングについては学んでいましたが、そこで得たスキルは
決して万能選手ではありませんでした。

そこで出会ったのがこの「エニアグラムコーチング」
その概念は非常に納得のいくものでした。

先日、東京でのセミナーに参加してきましたので、そこで学んだことを
引き続きレポートしていきたいと思います。

富士市 社会保険労務士事務所
井上労務管理オフィス
特定社会保険労務士 井上幹世

http://www.i-roumu.com/